毒親から逃げるために必要なたった1つのモノ

毒親から逃げるために必要な知識について分かりやすく解説。

「コロナうつ」が本物の「うつ病」になると、人生は急降下していく。

最近、「コロナうつ」という言葉が流行っているらしい。
日本でも新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、外出の自粛を求められたり、お店を臨時休業したりせざるを得ない状況が続いている。
そんななかで、普段とは違う状況にストレスを感じ、「うつ」のような症状が出てしまうことを「コロナうつ」と表現しているらしい。

もしかしたら、この「コロナうつ」は「新型コロナ」にかかることと同じぐらい危険なことかもしれないとわたしは思っている。
「コロナうつ」は、かかった人のその後の人生を急降下させ、最悪の場合、その人を自殺に追い込むかもしれないからだ。

f:id:noraneko1111:20200422105400j:image

※今回の記事はわたしの個人的な経験から書いているものです。「うつ病」の症状には個人差があります。


「うつ病」を発症する前には、だいたい決まった兆候がある。
「なんかいつもより気持ちの落ち込みが激しいな」「最近、気力が出ないな」という精神症状が出てくる場合もある。

一方で、「なかなか寝付けない」「なぜか食欲がない」という身体症状が出てくる場合もある。

その兆候を「たいしたことないだろう」と思って放っておくと、ある日急にぷつんと糸が切れたようにうつ病を発症する。
うつ病の怖さはいろいろあるけど、いちばん怖いのは「理由もなく死にたい」「些細なことがきっかけで死にたい」と思ってしまうことだろう。
『うつヌケ』の著者、田中圭一さんはうつ病を「心のガン」と表現していたが、まさにその通りだと思う。


「理由もなく死にたい」という思考に陥ってしまうと、普段ならどうってことない日常生活さえも難しくなる。
朝起きるのも、顔を洗うのも、ご飯を食べるのも、生きていくのに必要なこと何もかもがめんどくさくなる。
そんな状況が続けば、人は未来に向かって前向きに生きていこうと思えなくなる。

f:id:noraneko1111:20200422105304j:plain

だから、「うつ病」の前段階である「コロナうつ」を放っておいてはいけないのだ。
「コロナうつ」を放置し、やがてそれが本物の「うつ病」になると、日常生活を送ることさえできなくなるかもしれない。
「日常生活が送れない」「今までできていたことができない」という絶望は、その人を死に追い込むかもしれない。


…と、いつになく真面目に語ってみましたが、そろそろ「である」調で書くのに疲れてきたので、普段のテンションに戻します。笑


つまりは、「コロナうつ」にならないように、仮に「コロナうつ」になったとしてもそれが本物の「うつ病」になる前に、何かしら手を打ちましょうということです。
精神科医などの専門家に相談するのもよし。

専門家に相談するのは敷居が高いと思うなら、自分で本を買って読むのもよし。

★「うつっぽい」と感じている人にはこちらで紹介している本がおすすめです。

www.dokuoyakaranigeru.info

 

自分で楽しいと思えること、気分転換になることを探すのもよし。

とにかく、新型コロナが終息したときにフルスロットで活動再開できるように、今から心の調子を崩さないように気をつけておきましょう。

 

★一人暮らしで「うつ病」に悩んでいる方は、こちらの記事もどうぞ。

www.dokuoyakaranigeru.info

 

⏬ベストセラーを記録した田中圭一さんの本 ⏬