毒親から逃げるために必要なたった1つのモノ

毒親から逃げるために必要な知識について分かりやすく解説。

家出して泊まる場所がない人必見!快適に過ごせるドミトリーハウスの選び方。

このブログを見つけてくれた方はどんな方でしょうか?

「家出したけど、今晩泊まる場所がない!」そう思って、「家出 泊まる場所」で検索してこのブログにたどり着いたのではないでしょうか。

 

家出したけど泊まる場所がなくて困ってる…

そんな方には、絶対にドミトリーハウスをおすすめします。

なぜなら、普通のホテルに泊まるよりも格安の値段で泊まることができるから。

 

わたし自身、家出したあと約2週間は、ドミトリーハウスに泊まってました。

格安で泊まることができて、とてもありがたかったのを覚えています。

 

ただ、ドミトリーハウスは格安で泊まれる分、サービスにはかなりの差があるのも事実です。

「安いからどこに泊まっても一緒じゃない?」と思って適当に選ぶと、マジで大変な目にあいます。

今回は、賢くドミトリーハウスを選ぶ裏ワザを教えますので、ぜひ最後まで読んで下さいね。


f:id:noraneko1111:20200401170152j:image

 

目次

 

1.そもそもドミトリーハウスってなに?

 ドミトリーハウスって知ってますか?
分からない方は、学校の宿泊行事で使った「青少年自然の家」とかを思い出してもらうといいかも。


実際の部屋のなかはこんな感じで、だいたい二段ベッドになっています。
宿泊費は2000円~3000円前後なので、普通のホテルに泊まるよりもはるかに安い値段で泊まることができます。

 

2.「じゃらん」にアクセスして、まずやるべきこと

 まずは、じゃらんの公式サイトにアクセスしましょう。

こちらから公式サイトに飛べます。

じゃらんnet

 

公式サイトにアクセスしたら、最初に必ずやってほしいこと。
それは、ドミトリーハウスの写真と実際に泊まった方の口コミをチェックすることです。
家出したばかりで気持ちに余裕がないのは分かります。
でも、自分の家ではない場所に泊まるのは、実は精神的にかなり疲れるのも事実です。

なので、少しでも快適に過ごせるドミトリーハウスを探してほしいのです。
じゃらんには、実際に泊まった人の写真と口コミが載っています。
それらをチェックして、快適に過ごせる宿を探しましょう。

次から、具体的な探し方のコツを書いていきます。

 

3.快適に過ごせるドミトリーハウスの条件3つ

①ベッドにカーテンなどの仕切りがついている

 

自分は家出してドミトリーハウスに泊まったとき、値段重視でなるべく安いところを選びました。

その結果、宿に着いてからベッドにカーテンがついていないことに気がつきました。

ドミトリーハウスのなかで好き勝手に使えるスペースは個人個人に与えられたベッドのみ。

風呂、トイレ、ダイニングなどその他の設備は全て共用です。

なので、ベッドのなかだけが自分のプライバシーを守れる場所なのです。

カーテンがついてないと、プライバシーはないも同然です。笑

この点は、ネットの写真か口コミで確認できますので、心配なら、直接宿に問い合わせても構いません。

できるなら、カーテンのついているドミトリーハウスを選んでくださいね。  

 

②男女別部屋

これも絶対に抑えておきたいところです。

特に女性の方は、絶対に男女共同部屋は止めておきましょう。

「男女共用」と説明されていたとしても、日によって客の入り具合が違うので、男性しかいない日もあるのです。

わたしは一度、「男女共用」のドミトリーハウスに泊まったら、運悪く男性しか泊まってない日でした。笑

精神的にやばかった。笑笑

「男女共用部屋だから、誰か一人ぐらい女性も止まっているだろう」とは思わないほうがいいです、マジで。

 

③近くにコンビニかスーパーがある

これもマストですね。

ドミトリーハウスでは宿泊費が安い分、食事は出てこないことがほとんどです。

なので自分で買いに行くか食べに行くかしないといけません。

自動販売機が置いてあるドミトリーハウスもほとんどないので、「ちょっと喉が渇いたな~」なんて思っても、近くに食料品が買えるお店がないと本当に不便です。
下手すると、往復1時間かけて食料品の買い出し、なんてことになりかねないのでご注意を。

 

4.まとめ

今回は、家出したときに泊まる場所がない方に向けて、快適に過ごせるドミトリーハウスの特徴をまとめてみました。 家出には困難がつきものですが、この記事を参考に少しでも快適に過ごしていただけたらと思います。