毒親から逃げるために必要なたった1つのモノ

毒親から逃げるために必要な知識について分かりやすく解説。

コミュ障克服には、絶対にコールセンターでのバイトがおすすめなワケ。

「他人とうまく話せない…」

そんな悩みを抱えている、いわゆる「コミュ障」の人は実はかなりの数いると言われています。

 

あなたはどうでしょうか?

コミュ障を克服したい!

せっかく大学生になったし、就活が始まる前にバイトでコミュ障を克服したい!

でも初バイトで接客業は怖い…

 

これが本音ではないでしょうか。

 

そんな方には、絶対にコールセンターでのバイトがおすすめです。

今回は、コミュ障克服にコールセンターでのバイトがおすすめな理由を書いていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。


f:id:noraneko1111:20200325175844j:image

 

目次

 

1.コミュ障に接客バイトは無理?

 

最初に厳しいことを書きます。

「コミュ障 バイト」で検索すると、

「人となるべく話さなくていい仕事を選ぼう!」

みたいな主張の記事をよく見かけます。

具体的な職種でいうと、ホテルの清掃、トイレ掃除、ライン勤務なんかですね。

 

でも…本当にそれでいいの?

確かに人と話さなくていい仕事は楽だけど、 それじゃ一生コミュ障なんて克服できません。

 この記事を読んでいるあなたはまだ若い。

特に新大学生の皆さん、せっかくなら就活が始まる前にコミュ障を克服しておきたいと思いませんか?

「大学デビュー」なんて言葉もあるぐらいですから、大学入学は心機一転、自分が変わることができる大チャンスなんです!!

 

コミュ障なのに、初バイトで接客業に挑戦するというのは、確かにハードルが高いです。

それなら、ステップを踏んで、一段階ずつコミュ障を克服していきましょう。

その第一歩としておすすめなのが、コールセンターなんです!

 

2.コールセンターでのバイトがコミュ障におすすめなワケ

 

なぜコールセンターのバイトでコミュ障が克服できるのか。

それは、

接客業よりも圧倒的に心理的負担が少ないなかで、お客さんと会話するという経験が積めるからです。

コールセンターは、普通の接客業と比べていろんな意味で楽です。

 

①お客さんと面と向かって話す必要がない

コールセンターでのバイトは、電話越しにお客さんと話す仕事です。

コミュ障が最も苦手とする「お客さまの顔見て!笑顔で!」がないんです。

コレは精神的にかなり楽です。

 電話越しの会話なら、コミュ障でもそんなに緊張しません。

 

②マニュアル完備なので、コミュ力が必要ない

「お客さんと対話するなんて難しそう。何話せばいいか分からないし」なんて思ってる方!

コールセンターで通話中に話さないといけないことは100%決まってます。

カンペ(マニュアル)があるので、その通りに話せば大丈夫。

訪問営業みたいに「今日は暑いですねー」なんて世間話をする必要もなし。

 コミュ力なしでもできます。

 

③声が小さくても怒られない

コミュ障あるある。

自分では大声を出して話してるつもりが、「声小さいよー」と注意される。

これ結構辛いですよね。笑

 

が、コールセンターならそんなふうに怒られる心配もなし!

マイクを通してお客さんと会話すればいいので、大声を出さなくても大丈夫なんです。

 もしお客さんから「もう少し大きな声で話してくれる?」と言われたら、マイクを口元に近づければよし。

滑舌さえ気をつけてゆっくり話せばOK!

 

3.他にもコールセンターでのバイトはメリットだらけ

どうですか?接客業は難しくても、コールセンターならできそうって思いませんか? 

 

「でも自信ないなあ…」という方。

大丈夫です。できます。

ガチコミュ障のわたしでもできたので、誰でもできます。

 

というか、コールセンターは他にもおすすめポイントだらけなんですよね。

 

①時給が高い

コールセンターの時給ってそこそこ高いです。

地域にもよるだろうけど、飲食系のバイト+100円ぐらいは違うんじゃないですかね。

手っ取り早く稼ぎたいなら、絶対にコールセンター一択ですよ!!

 

 

②座ってできるので、体力的に楽

座ってできる仕事なので、体力的にめっちゃ楽なこと。

特に大学に入学したばかりの新入生の方は、大学受験で運動しなくなって体力落ちてると思います。

コミュ障に限らず、体力に自信のない人にもコールセンターはおすすめ。

 

4.まとめ

どうですか?できそうって思いませんか?

でも、「コールセンターってクレーム対応しないといけなさそうだから怖い…」って不安がたぶん残ってると思います。

 

実はできるだけクレームの少ないコールセンターを選ぶ裏ワザがあるので、次回はそれについて書きたいと思います。

 

⏬⏬コミュ障必読の一冊⏬⏬